◆ちゅっちゅっ◆ ◆偵察隊◆

Powered by Ayapon RSS! オススメ クールマット 激安ゴルフ用品

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
256 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/03/31(木) 14:46:51.62 ID:CdL5ak8lO
空を貫くがごとく吃立した巨大な○棒が、日の光を受けてビル群の一角に広大な影を投げ込んでいた。
人々は我先にと蜘蛛の子を散らすように逃げ惑い、
悲鳴と怒号がこだまするその様子に冷静の二文字はなく、街は混乱の極みに陥りつつあった。
肩をぶつけ逃げ走る人々の流れに逆らい、○棒と相対するように空を見上げていた少女が、こぼすようにつぶやく。

「おち○ちんが、おち○ちんが泣いてる」











その言葉に感応するがごとく、巨大な○棒がびくりと脈動した。
地が揺れ、空気が揺れ、悲鳴は増幅され、人々はさらに深く混乱へと誘われる。
どこかでビルが倒壊したのだろうか、少女が爆砕音のした方へ視線を向けると、積乱雲のような土煙の塊が膨らみ立ち昇っていた。
視線を○棒へ戻すと、今にも張り裂けんばかりに怒張した○棒、その丸く膨らんだ先に、玉のような我慢汁が浮かんでいた。

――まるで、宝石のよう。
少女は、この世の地獄ともいうべき忌まわしき状況において、こんな場違いな想像をした。
天を衝く巨大な○棒の先にある、宝石のような玉。この非日常的な状況におけるからこそ、
少女は混乱の渦中にある美しいものに気がついたのかもしれない。
今この場所この状況において、少女と○棒は確かに美しかった。
○棒がひときわ大きく反り立った。
瞬間、○棒の先から練乳を思い出させる白濁液がほとばしり、太陽を覆い隠した。
まるで津波が襲来したかのようだった。あるいは神話で語られるノアの方舟の洪水か。
ごぷりごぷりと音を立てて街と人々を飲み込んでいく白濁液は、世界の終焉を思わせるほど、絶望的で創造的であった。
その光景を見つめ続けていた少女が最期に見た光景は、追い寄せる白濁液の波の後ろで、
先ほどとは打って変わってしなびれた○棒の姿だった。
視界に真っ白なとばりが落ちて、やがては思考も痛いほどの白さに飲み込まれていく。
ただ、絶望も希望も、少女の中には存在しなかった。

その日、世界は終焉した。


.
◆応援中◆ ◆別働偵察隊◆

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
ID (Pass):
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yaruyaruvip.blog91.fc2.com/tb.php/43-0b6b94e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
FX会社は用途で使い分ける
Edit
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。